エピソード2

息子が2歳になる直前頃の出来事です。
当時の息子の状況
・たまに上着を自分で脱げる時がある
・ズボンとオムツは脱げるけど履けない
・保育園で「やきいもやきいもお腹がぐぅー~♪」と習ってたどたどしい言葉で歌うことがあった
・子どもあるあるでベッドで飛び跳ねるのが大好きで一人でベッドに乗っては飛び跳ねて遊んでいた
です。

その日は丁度、夫が出張中で不在でした。
私は仕事終え、保育園に子どもを迎えに行って、やっと自宅に帰って来て子どもにテレビを見せながら晩ご飯を作ったり、洗濯ものを干したりしていて少し放置しながら、たまに「じゃんけんぽーんっ!」と何度かじゃんけんをして様子を見てはいたんです。

でもトイレに行って戻って来たら子どもがテレビを見ていた場所にいません。
どこに行ったのかな?と思って、まずは台所を見に行きましたがいませんでした。
次に夫の部屋に電気が点いていたので見に行くと、なぜかスッポンポンの状態で壁と枕・布団の間に仰向けでキヲツケの姿勢のままで隠れている息子を発見しました。
私に見つかったのがとても嬉しかったようで楽しそうに笑っていましたが、なんで全部脱いだのか分かりません。

前日に舞妓さんが出てくるコメディ映画で野球拳をやっていた時に一緒にじゃんけんの真似事をしてズボンを脱ごうとしていたので
「待て待て!脱がなくていい。」
と何度か止めてはいました。
「もしかして映画の影響?じゃんけんに負けたら脱ぐと思ってるの?」
と思い、とりあえず、オムツとズボンを履かせて「やきいもやきいもお腹がぐぅー~♪」とじゃんけんをして、わざと少し目を話して戻ってくるとスッポンポンで嬉しそうにベッドで飛び跳ねていました。
1回だけだと偶然が重なっただけかもしれないと思い、数回繰り返しましたが同じ結果になったので偶然はなかったようです。

「子どもはマネするから気を付けなさい。」
と言われていましたが、たった1回みただけの映画の真似をするとは思ってもいませんでした。